クラフトカフェWEB本店 トップページ
http://www.craftcafe.co.jp/

2006年03月21日

恐るべしGoogle…

インターネットに関連する仕事をしているので、インターネット関連の本は割とよく読みます。

最近は、梅田望夫さんの『ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる』という本を読みました。新聞の書評欄でもよく取り上げられている、ちょっと話題の本です。


webshinkaron.jpg
梅田望夫著『ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる』


ウェブの世界で進んでいる「地殻変動」ともいうべき変化を解説している本なのですが、著者が特に注目しているのが、大手検索サイトのGoogleです。

 Google 日本
  http://www.google.co.jp/

なんでも、「世界中の情報を整理し尽くす」「その情報に誰もがアクセスできるようにすること」がGoogleのミッションだそうです。

そのミッションを達成するための1つの試みなんでしょうが、この本の中に書かれていたGoogleの無料サービス「Google Earth」というのが気になったので、ダウンロードしてみました。

 Google Earth ダウンロードページ(英語です)
  http://earth.google.com/download-earth.html

衛星写真を利用し、地球儀のように、地球の各地を見られる無料ソフトなんですが、これがまたすごい…!

地球儀の上をニョ〜ンとジャンプするように地球各地を動き回ることができ、都市部だとかなりのレベルまで拡大できます。

google-earth1.jpg
Google Earth

google-earth2.jpg
グランドキャニオン近辺


ここ京都も、京都タワーや大文字山、平安神宮の鳥居がはっきりわかるまで拡大可能でした(ちなみにうちの事務所の位置もわかりました)。アメリカの都市では、車の色・形までわかるぐらいに拡大できるところもあります。

小1時間ほどGoogle Earthにはまってしまい、パリのエッフェル塔、グランドキャニオン、ピラミッドなんかを見て回り、世界中を旅行している気分になってしまいました。

北朝鮮の平壌の道には車がなかったり、イラクのバグダッドにはヘリが何機もとまってたりとかもして、かなり生々しい感じもします。

Googleのこのシステムを利用したカーナビなんかは、もうすでに商品化されたりしているそうです。地図の主流も平面から立体に変わりそうだし、旅行会社がお客さんにプレゼンテーションするのにも使えそうです。さらに改良されれば、軍事目的にも十分に使えそうです。

このレベルのソフトを無料ダウンロードできるというのは、衝撃的でした。あながち、Googleの「世界中の情報を整理し尽くす」という構想は本気のように感じます。それを世界にオープンにしインフラとしてしまうことで稼いでいこうとしているようです。


今、うちは楽天市場に出店しているんですが、決済や広告手段はすべて楽天のシステム内で済むようになっていて、外部リンクは禁止と、自由度は低いです(でも、楽天に出すとそれなりに売れるので何ともいえないんですが…)。楽天はしっかりと店舗とお客さんを囲い込み、しっかりと手数料を取って稼いでいるなぁと感じます。

持ちネタをオープンにすることで稼ぐGoogleのようなやり方と、楽天のように囲い込んで稼ぐやり方、どちらもありだと思いますが、Googleのやり方の方がすごいことになりそうな気もします。


なんだか知らないうちに大きなことが起こっていきそうですが、自分が今できることをやっていこうと思います。とりあえず、いろいろ試せる自社サイトを近日オープンさせようと思います。

posted by craftcafe at 01:39| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする