6月30日は「夏越祓」(なごしのはらえ)。「水無月」を食べて半年のけがれを祓う

【Blog】水無月.jpg

1年の折り返しとなる6月30日、ここ京都で食されている和菓子「水無月」(みなづき)。ういろうの上に甘い小豆を乗せ、三角形に切り分けた和菓子で、6月の京都の和菓子の代表的な存在です。

今日6月30日、日本各地の神社では、半年の罪やけがれをはらい、残り半年の無病息災を祈願する「夏越祓」(なごしのはらえ)とよばれる神事が行われます。大きなチガヤの輪をくぐる「茅の輪くぐり」が厄落としとして知られていますが、この「水無月」を食べるのも厄落としになるといわれています。「水無月」の上に乗っている小豆は悪魔払い、下の三角のういろうは暑さを払う氷を意味しているそうです。

本日いただいたのは、京都の和菓子屋「俵屋吉富」さんの水無月。ういろうの部分に黒糖を混ぜた「黒糖生地」と、プレーンな「白生地」の2種類があります。小豆のつぶつぶ感と、モッチリとしたういろうの相性が良く、甘すぎないさっぱりとしたお味でした。

------------------

俵屋吉富さんの「水無月」

------------------

クラフトカフェトップページ

クラフトカフェFacebook

クラフトカフェTwitter

クラフトカフェInstagram

------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック