クラフトカフェWEB本店 トップページ
http://www.craftcafe.co.jp/

2009年03月23日

城南宮の梅とメジロ

うちのショールームには、大阪や滋賀、三重など、遠方からお越しになられるお客様が時々いらっしゃいます。うちのショールームに置いている商品をご覧になるためだけに来られる方もおられ、とてもうれしい半面、なんだか申し訳ない気持ちになることもあります(…ちょっと狭いショールームですので…)。

うちの事務所近くの観光名所には、伏見稲荷や伏見の酒蔵地域などがありますが、3月前半だと、梅の名所として有名な城南宮(じょうなんぐう)という神社もオススメです。去年、梅の季節に城南宮に散歩に行った時、梅の蜜が大好物のメジロがやってきていて、なかなかいい雰囲気でした。

城南宮は、うちに最寄りの京都南インターのすぐ近くにあり、交通の便も良いです。3月前半にうちにお越しになる方は、城南宮の梅もお楽しみになられてはいかがかと思います。梅の花は盛りを過ぎた感じではありますが、ここでご紹介したいと思います!


城南宮
城南宮は、平安遷都の際、都の南の守護神として創建された神社。鎌倉時代には承久の乱、江戸時代末期には鳥羽・伏見の戦いの一舞台となり、平安貴族から武士の時代、そして明治維新へと、歴史の転換点に関わる事件が起こった場所でもあります。

城南宮・神苑
城南宮の境内には、紅白の枝垂れ梅がたくさんある神苑があります。梅の花の見頃は3月初旬から中旬。写真ではお伝えすることができないのですが、この時期の神苑に足を踏み入れたとたん、ぶわっと梅の甘酸っぱい香りがただよってきます。視覚だけでなく嗅覚でも、梅を存分に楽しむことができます。

城南宮・ピンクの枝垂梅
ピンクの枝垂梅。この日はとてもいい天気で、青い空とのコントラストがいい感じでした。

城南宮・紅梅
紅梅の花。とてもいい香りがしました。

城南宮・メジロと紅梅
梅の季節の城南宮では、梅の蜜を吸いに来ているメジロが見られます。メジロの大きさは、スズメよりも一回り小さい感じ。見た目もかわいい感じですが、花の蜜や果実など、甘いものに目がないというところもかわいいです。

城南宮・メジロとピンク梅
メジロは警戒心がゆるめの鳥らしく、そこそこ近づいてもあまり逃げようとしません。ですが、メジロは小さい鳥のうえ、梅の蜜に夢中でちょこまかと動いていたので、いい写真を撮るのはなかなか難しかったです。こういう時は、もっと良いカメラが欲しくなります。

城南宮・ヒヨドリ
梅の季節には、メジロの他にも野鳥がいろいろやってきています。写真はヒヨドリ。鳩と同じぐらいか少し小さい鳥で、基本はグレーの羽毛で頬は赤褐色。ヒヨドリも梅の蜜が好きみたいですが、この時は虫を食べてました。

城南宮・池の鯉
城南宮の庭には広い池もあり、錦鯉が優雅に泳いでいたりします。池に映る木々の影もいい感じでした。

城南宮・ヤドリギ
木の枝に寄生しているヤドリギも発見。寄生というと聞こえは悪いですが、ヤドリギは動物のエサになったり、野鳥の巣に最適な場所となったりと、自然の中で重要な役割を果たしているみたいです。


京都の街は、いろんな場所で四季を感じられるのがいいところだと思います。今年の京都は桜が咲くのが早いようで、まだ3月にもかかわらず、鴨川沿いなんかではすでに桜がいい感じで咲いていたりします。またこのブログで、京都の桜もご紹介していきたいと思います。


クラフトカフェWEB本店 クラフトカフェWEB本店

クラフトカフェ楽天市場店

クラフトカフェYahoo店


posted by craftcafe at 23:12| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京都歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年03月29日 12:41
なおさん、コメントありがとうございます!これからもおもしろいことがあればブログに書いていきますので、よろしければまたご覧いただければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by craftcafe at 2009年03月30日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116128856

この記事へのトラックバック